あけびの籠とあずま袋

DSCF2730.gif
6月の話ですが、さわらさんにあずま袋をプレゼントしました。

そのお礼に、先日あけびの籠をいただきました!(写真、逆光でわかりにくいですが)

なんだかプレゼントしたものといただいたものの価値が釣り合っていないので申し訳なかったのですが、籠の良さを知って貰うためにとのことだったので、お言葉に甘えて送っていただきました。

打診メールには

「野菜入れにでも使って下さい。」

と、あったのですが野菜用の籠なんてもったいないです!!今現在はレース編みの道具入れに使わせていただいています。

はじめて手にしたあけびの籠。実はもっと華奢な作りなのかと思っていたのですが、かなり丈夫です。

100均などで売っている籠(そんな籠と比べるのは失礼ですが)は子供が踏んでしまうとスグに壊れてしまいますが、この籠は多少乱暴に扱っても(実際は大事に扱っています)壊れることはなさそうです。あけびのつる自体が丈夫でよくしなるし、丁寧に密に編まれているから丈夫なんだと思います。

DSCF2731.gifDSCF2734.gif
この籠用にあずま袋を作りました。

布はユザワヤで買ったカットワークっていうのかな?小さな刺繍がされた布で作りました。

縁には最近はまっているレース編みをほどこして、がらにもなく乙女チックなあずま袋になりました(笑)。



あけびの籠をいただいて、これからは多少高くても籠はあけびか葡萄の籠しかない!!と思いました。良いものを大事に長く使うのも大切なこと。エコにもつながるような気がします。



籠と一緒にヨーロッパアンティーク生地のツーピースも頂きました。こちらはまた後日紹介します。
- | comments (1661) | trackbacks (0)